officeを開くまでの準備


by otkortho
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

歯科矯正の歯の移動とレール

連休も後半.先週の痛ましい脱線事故が起きたこの時期に話題としては相応しくありませんが,歯科矯正治療における歯の移動は,レール上を走る電車の動きに例えられます.
 最近,読売新聞で新しい装置として,《ワイヤを固定しない矯正》で『歯の痛み少なく,短期間で』と紹介されていました.矯正で歯を動かす場合,歯の表面に矯正装置(ブラケット)を接着剤で固定します.次いで,ワイヤを通し,このワイヤー上で歯を滑らせて歯を移動させます.つまり,ワイヤがレールで,レール上を走る電車がブラケットの関係となります.レールがまっすぐであれば,摩擦が少なくなり相対的に電車は過分なパワーを必要としません(治療によりワイヤーはより太く,硬くして直線化していきます).
 しかし,矯正の場合,動かしたくない歯と動かしたい歯とが存在し,動かしたくない歯には大きなブレーキが必要です.単に,摩擦が少なければベストとはいえません.歯を三次元的にコントロールして動かすには,摩擦が必要な場合もあります(図左はブラケット,右はブラケットにワイヤが通っている状態を示しています)b0062167_20152623.jpg
b0062167_20154471.jpg


**JR西日本の福知山線脱線事故でお亡くなりになられた皆様には心からお悔やみと,負傷された方々には一日も早い回復を願っています.
[PR]
by otkortho | 2005-05-04 20:17 | 歯科矯正