officeを開くまでの準備


by otkortho
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

認知症、摂食障害に歯科のエプロンを

私の患者さん(女性)が60歳を迎えられました。10年以上のお付き合いですが、『いやだわねえ。こんな歳になっちゃって』と恥ずかしそうにお話になりました。お母様は90歳を超えられて、長生きの家系かもしれません。
 歯科では、《8020》運動:80歳までに20本以上の歯を残しましょう!とキャンペインを展開していますが、このお母さまは80歳を超えたときには、20本以上の健康な歯が残っていると自慢されていました。しかし、最近認知症になられ、歯がどんどん抜けてしまい、入れ歯も上手くはめられない状況になられてしまったそうです。
 食事の時は、介助が必要で口の周りや胸元は食べものでひどく汚れ大変なようです。そこで、歯科で使っているディスポの紙エプロンが使えないかと尋ねられましたので、首周りまでしっかりカバーした紙エプロンをお勧めし注文して差し上げました(色はブルーを指定,Ciメディカル)。
 b0062167_1203380.jpg自分の将来を考えますと、健康で長生きすることは幸せなことですが、歳を重ねるごとに回りの助けを必要とするのは辛いことです。
 噛むことは脳を刺激し、認知症にかかりにくくします。一回の食事で30回以上噛むようにしましょう! ダイエットにもなります。
 
[PR]
by otkortho | 2006-08-13 12:05 |