officeを開くまでの準備


by otkortho
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

女子マラソン土佐礼子選手,銅メダル

【大阪 2日 ロイター】 陸上の第11回世界選手権は1日、当地で女子マラソンを行い、土佐礼子が2時間30分55秒で3位に入賞。日本勢にとって今大会初となる銅メダルを手にした。
 キャサリン・ヌデレバ(ケニア)が2時間30分37秒で優勝。周春秀(中国)が銀メダルに輝いた。このほか日本勢は、嶋原清子が6位と健闘。小崎まりが14位、原裕美子が18位、橋本康子が23位だった。

b0062167_15365986.jpgb0062167_1534456.jpg土佐礼子選手は,終盤38.5キロ当たりになって先頭集団が徐々にばらけ一旦は4位に後退したものの,水の補給後元気を回復し気力で3位に入賞しました.27キロ過ぎた時点から口をあけて走っていて,体力は限界近くであったように感じました.ちょっと痩せすぎのようにも見えます.過酷です.
ご存じない方もいらっしゃるかも知れませんが,土佐選手は矯正治療中です.横顔から推測しますと,下顎が小さいので難しいケースでしょう.頑張れ土佐選手!
[PR]
by otkortho | 2007-09-02 15:34 | スポーツと医療