officeを開くまでの準備


by otkortho
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:嗜好と健康( 7 )

7月24日の週間朝日に

当クリニックで採用していますホワイトニングシステム(ビヨンドホワイトニング)が,7月24日発売の『週間朝日』の医療特集のなかで紹介されることになりました.ご期待下さい.
[PR]
by otkortho | 2007-06-12 14:25 | 嗜好と健康
歯の着色の中で,汚れが最も落ちにくいものはタバコのヤニです.私のクリニックに来られたセールスマンの方は前歯の裏側にビッシリ付着しており,落とすのに一時間かかりました.ご本人は元通りの白い歯を回復されて大喜びでしたが,歯の白さの問題だけではなく発ガン性の原因ともなります.今回,人の寿命を縮めるとの研究報告が発表されました.
【読売新聞】たばこを吸う男性は、吸わない男性に比べて40歳以降の余命が約3・5年短くなることが、厚生労働省研究班(研究班長・上島弘嗣滋賀医大教授)の大規模な疫学調査でわかった。
 寿命に対する喫煙の影響が、具体的な数値として明らかになったのは国内で初めて。喫煙対策の重要性を示す研究として注目される。

 b0062167_8393044.jpg写真は,喫煙者(上)と非喫煙者(下)の肺(福井県済世会病院 小林先生
 タバコ,やめませんか?
[PR]
by otkortho | 2007-05-09 08:39 | 嗜好と健康
歯の汚れの原因の一つに『茶渋』があります.歯磨き粉を全く使わないで歯磨きをされている方や,1日何倍もお茶を飲まれる方によく見られますが,見た目に問題なければ放置しています.何故なら,良いことが沢山あるからです.以下のニュースはその一つです.
b0062167_16305272.jpg【共同】緑茶を1日5杯以上飲むと脳梗塞の死亡リスクが男性は42%、女性は62%低下するとの研究結果を栗山進一東北大准教授(公衆衛生学)らが4日までにまとめた。
 栗山准教授らは1994年から宮城県内の40―79歳の男女約4万500人を追跡調査、1日に緑茶を飲む量で4グループに分け分析した。

 その結果、脳や心臓など循環器系の病気の死亡リスクは、緑茶を飲む量が多いほど低下。1日に1杯未満の人に比べ、5杯以上飲む人は男性は22%、女性は31%低下した。脳血管障害では男性は35%、女性は42%低下。特に脳梗塞はリスクが低かった。

 一方、がんによる死亡のリスクとは関連はなかった。紅茶やウーロン茶を飲む量とこれらの病気の死亡リスクに関連はなかった。

 栗山准教授は「予想以上の差があり驚く結果だ。緑茶に含まれるカテキンなどが体に良い影響を与えている可能性がある」と話している。
[PR]
by otkortho | 2007-05-07 16:28 | 嗜好と健康

ハワイが全面禁煙に!

ハワイが公共の場での禁煙を決めました.観光客はどうなるのでしょう?
【ロサンゼルス31日共同】観光業界への配慮から喫煙に比較的寛容だった米ハワイ州が、バーなどを含め公共の場所をほぼ全面禁煙にすることを31日までに決めた。世界的な喫煙規制の潮流とはいえ、ハワイに多い愛煙家の日本人旅行者は困惑気味。ハワイ州知事は10月喫煙規制を強化する州法に署名、施行は11月16日の予定。飲食店業界から顧客減への懸念の声が出たが、圧倒的多数で法案可決。
 b0062167_10334643.jpg所で,ハワイは『Hawaii』で,『歯はいい』となります.
[PR]
by otkortho | 2006-11-01 10:40 | 嗜好と健康
最近,鉄道の人身事故が多い.中高年の自殺者が多いのではないだろうか?悲哀を感じる.【毎日新聞】中高年の男性喫煙者では、1日に吸うたばこの本数が多いほど自殺する危険性が高まるとの大規模疫学調査結果を厚生労働省研究班がまとめた。研究班は「たばこの本数の多い人の心の健康に注意を払う必要がある」と提言している。21日から大津市で開かれる日本疫学会で発表する。
研究班は90年と93年に岩手、長野、高知、長崎、沖縄など8県に住む40~69歳の男性約4万5000人の生活習慣などを調べ、00年まで健康状態を追跡調査した。この間に自殺が確認された173人について、喫煙との関係を調べた。
 高知大が昨年まとめた司法解剖例の調査でも、たばこを吸う習慣がある人では、自殺した人の血液中のニコチン濃度が事故や病気で死亡した人よりも高いとの結果が出ている。
分析を担当した国立がんセンター予防研究部の岩崎基研究員は「喫煙と自殺を結びつけるメカニズムはよく分かっていないが、ニコチン依存がうつ病の危険性を高めるという研究結果もある。禁煙によって危険性が下がるかどうかは今後の研究課題だ」と話している
[PR]
by otkortho | 2005-01-18 13:26 | 嗜好と健康
【5日朝日新聞】受動喫煙の機会が多いと,子供の読解や算数の成績が悪いとの研究を,オハイオ州の米シンシナティ子供病院が4日,米公衆衛生専門誌に発表した.
研究は,6~16歳の子供で,タバコを吸わない約4400人が対象.血液中のニコチン量が高いと,算数,論理的思考力の点数の低いことが判明したという.
[PR]
by otkortho | 2005-01-05 04:26 | 嗜好と健康
日本医師会の調査
 わが国の男性医師の喫煙率は約22%で,4年前より5.6ポイント下がっている.しかし,米英などの3~5%と比較すると未だ高率であることがわかった.一方,女性医師の場合は約5%で横ばい状態であるという.調査は,今回で二回目で日医の会員約15万9千人の中から無作為抽出した4500人を対象にしており回収率は86%であった.因みに,わが国の成人男性全体の喫煙率は約47%であるという(日本たばこ産業による).
[PR]
by otkortho | 2005-01-04 16:55 | 嗜好と健康