officeを開くまでの準備


by otkortho
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:薬剤( 5 )

紅参粉末で鼻血ドバッ?

 何の前触れもなかったのですが,午後6時頃技工中に『鼻水がたれるなあ.クーラーを入れているので風邪でも引いたかな?』と右側の鼻をすすって診療室に戻りました.ところがスタッフから『先生,鼻血が出ていますよ』と言われ,再びツーっと垂れてきた鼻水を拭ったところ紛れもない鼻血でした.白衣にも付着させてしまいました.
 b0062167_2216225.jpg鼻をほじくり過ぎて粘膜からの出血かと思いましたが,慢性的に鼻詰まり感があるのは左側で右側は殆どほじくることはありません.連休の疲れがあったわけではないですが,今日,先週に韓国の患者さんから頂いた紅参の錠剤を短い時間に三回も飲んでしまいました.これが原因かもしれません(白血病の前兆だとしたら怖いのですが).
 韓国語に英語で書かれた説明書を見ると,一日三回,一回に三錠,水と一緒に飲むように指示されています.鼻血の経験ははるか遠い昔のように記憶していますが,鼻粘膜を傷つけたのでなければ韓国の紅参はすごい効果があります.心なしか元気が出ています.どうなのでしょうか?
[PR]
by otkortho | 2006-10-10 22:16 | 薬剤
b0062167_16143379.jpg日本テレビの「ズームイン」で「正露丸」包装似ない…大幸薬品の差し止め請求棄却の報道がされていました.
 内容は「ラッパのマーク」で知られる胃腸薬「正露丸」を製造販売する大幸薬品(大阪府吹田市)が、ひょうたんマークの「イヅミ正露丸」を販売する和泉薬品工業(同府和泉市)に、パッケージのデザインが酷似し不正競争防止法に違反するとして、製造販売の差し止めなどを求めた訴訟の判決が27日、大阪地裁であり,上記の結果となりました.
 理由は,大幸薬品の正露丸は,ラッパのマークがトレードマークになっており,他社の製品とは区別できるとの判断からです(それにしてもよく似ていると思いませんか?これで問題なし?).
 大幸薬品はこれを不服として,控訴するようですが,実はこの『正露丸』は一社のものではなく,10社以上が商品として販売しており,同様な裁判が昔からあることが分かりました.つまり,正露丸は,ラッパのマークだけではないのです.この勝負,大幸薬品の宣伝になったとすれば,『勝った』とも考えられます.
 正露丸についての面白い記事(サイト)がありましたので,興味ある方は是非覗いて見てください.
[PR]
by otkortho | 2006-07-28 15:40 | 薬剤
先日,一ヶ月一度の耳鼻科の診察を受けてきました.今は,長期投与の影響が少ないムコダインとタリオン錠を朝晩の二回服用しているだけです.小さな鼻づまりが起きるので一抹の不安がありましたが,診察の結果『鼻の中はとても綺麗で安定しています.』と言われ,去年手術をまぬかれないと言われた最悪の状態からは改善しているようです.私は,花粉症は経験したことがないのですが,鼻が詰まると大変苦しく夜中に目覚めたこともありました.また一ヵ月後に受診ですが,風邪を引かないように気をつけているところです.花粉症の方は,五月の連休前まで大変だそうです.同情します.
b0062167_1793355.jpg
[PR]
by otkortho | 2006-03-26 17:10 | 薬剤

鼻茸が減少して快調

昨日は一ヶ月ぶりに耳鼻科の受診(定期的)をしました.診察の結果は,私の予想通りかなり改善しており,投薬の中の抗生物質を減らすことになりました.また,点鼻薬のリンデロン(ステロイド)も一日一回となりました.
 昨年9月の受診では,左右の鼻腔に鼻茸が充満して,それが副鼻腔まで広がり手術は避けられない状態でしたから,手術もしなくて済むのではないかと期待しています.所が,良いことばかりでなくて,一年一回あるかないかの便秘になり大変でした.正月の暴食や抗生剤の長期投与による,腸内のバランスが崩れたためだと思います(表現できない辛いことは割愛).
b0062167_12221716.jpg
[PR]
by otkortho | 2006-01-20 12:22 | 薬剤
【31日朝日新聞】厚生労働省は,風邪薬など薬局で売る大衆薬を副作用の程度により三つに分類し,リスクの高いものは薬剤師がカウンター越に手渡しする対面販売を義務付ける方針を決めました.06年度中にも施行される模様.
 発毛薬や胃腸薬,水虫治療薬の一部に対象となる薬があり,ドラッグストアなどの販売様式が様変わりしそうです.
  A分類(カウンター越し販売義務化)
     ミノキシジル:リアップ
     ファモチジン:ガスター10
  B分類(カウンター販売は努力目標)
     アスピリン :バファリンA
     イソプロフィン:ベンザブロックIP
  C分類(自由に購入できる)
     ポピドンヨード:イソジンうがい薬
[PR]
by otkortho | 2005-12-31 18:42 | 薬剤