officeを開くまでの準備


by otkortho
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2006年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

一日遅れですが,昨日の休診日に少し毛色の変わったセミナーに参加してきました.主催は東京コムエル㈱で,その月例会としてTVなどで有名な田中勝博氏が講師を務める勉強会がありました.夜の7時開始だったのですが30分以上前に着いたので人は少ないだろうと会場に入った所,既に常連のお客さんと思われる方々が席の前列とその後列に10人程で陣取っていらっしゃいました.通常,我々の学会や関連する勉強会で前列は空席が多いのですが,こと自分の資産管理となりますと皆さん非常に熱心です.
 最初の三十分ぐらいは,会社の方の挨拶などでしたが,田中氏が現れた途端,場内が一斉に明るくなりました(氏の頭髪は無関係).
 b0062167_1422271.jpg我々は株式のチャート(資料)を渡され,田中氏から①株の天井と底の見方,②相場には上下(天井,底)のリズムがある,③将来の天井と底は分からない,④前回の天井と底から遅れて相場に入るのが常,⑤どれくらい遅れているかを認識する,などを教えてもらいました.この方法だと,『大きくは負けない.』と言っていました. 最後に,年末に向けて日経平均株価が17000円を超えないと,日本の株式相場は失速してしまうが,来年は大きく上昇するとのお話もありました.9時で終了となりましたが,パソコンのディスプレイを使いながら,身振り手振り,時折足音も大きくする,などとてもエネルギッシュでしかも親しみやすい方でした.
[PR]
by otkortho | 2006-12-15 14:23 | 経済
NY紙の一面は、全て松坂投手の記事が掲載されています。中でも、NYタイムスは、日本人が好きな血液型を取り上げ、メジャーリーグではO型の選手が活躍しているとしています。
 
 b0062167_114131.jpg「日本では、血液型で人格が判断できるという風潮が強く、9割の人間が自分の血液型を知っている」と、アメリカでは有り得ない日本人特有の“血液型信仰”を解説し、「日本人はA型が一番多いが、メジャーリーグでプレーしている日本人は、圧倒的に0型が多い」と、分析している。 「松井秀、松井稼、井口、松坂、井川も皆O型。」松坂はO型。
[PR]
by otkortho | 2006-12-15 06:30 | スポーツと医療

遺言書の書き方セミナー

本日木曜日は休診日で,東京都医歯協ドクターセミナーに参加してきました.セミナーの演題は『遺言の活用・相続への備えーかけがえのない家族を守り続けていくためにー』で,講師はみずほ信託銀行の特別営業顧問 本宮新一氏でした.
 縁起でもないことですが,仮に父が亡くなったら,あるいは自分が死んだら,残された家族は遺産相続のことを考えなければなりません.なぜなら,相続が開始されて10ヵ月後には相続税を納めなければならないからです(相続税法.相続放棄は不要).これには相続税の軽減措置がありますが,遺産分割協議が終了していなければなりません.兄弟の争いなどで話がまとまらなければ,この救済措置は適用されないのです.また,家や土地など,分割しにくいものもあります.こういった問題をスムースに処理するためには,遺言書を書いておくことが大切だと教えられました.
 この遺言書には,自筆証書遺言書と公正証書遺言の2種類があり,自筆証書遺言は,死後家庭裁判所へ検認申請を必要とします.しかし,これをだれに頼むかの問題(保管も必要)があり,これがないと本人が書いたものであっても遺書と認められません.
 ドリフターズのA氏が亡くなった時,ご兄弟と奥さんとの間の相続争いが芸能ネタとなりましたが,自筆遺書はあったものの筆跡鑑定が必要であったとのことです(100%では確定できないとか).
 県別の遺書の数は,東京都がトップだそうです.理由は土地家屋の価格が高いからで,納税額が大きくなるのと遺書による指定分割が必要とされることのようです.
 遺産分割協議で揉め事の仲裁を弁護士さんに頼むと,遺産の3割ぐらい払うようになるそうです.無用な争いを避けるために,遺書の作成は必要ですし,財産の配分の経緯や理由を『付言』に記載すると,納得してくれる場合が多いそうです.費用の負担を抑えたいなら,信託銀行に依頼する方法があります(遺言執行者の指定).特に,みずほ信託銀行は,遺言信託で実績があるようです.
 セミナーは,とても為になりましたが,得した気持ちにはなれません.
b0062167_182133.jpg
[PR]
by otkortho | 2006-12-07 18:22 | 研修セミナー